【不妊治療】1年、半年、3ヶ月。年代ではじめ時は違う

不妊治療 いつから

35歳以上の妊娠・出産は高齢出産といます。
なんとなくここまでくると、高度生殖医療の力を借りて妊娠をする人が多いのでは?
私もそろそろ不妊治療を始めないと遅いのではないかしら?
そのように考える人も増えますが、実は30代後半の妊娠の約7割は自然妊娠で、40代でも6割が自然妊娠だったんです。

焦る必要はない

不妊治療 いつから

30代後半での結婚の場合、すぐに不妊治療をしなければ子どもに恵まれない。
と考えている人はとても多くいます。

 

確かに不妊治療によって子どもを授かる人の割合は、35歳を超えてくるととても多くなり、現在38人に一人の割合で、体外受精にて子どもが生まれるという時代になってきています。
ただ、実際に妊娠した人に聞いてみると、40代でも6割が自然妊娠だったといいます。

 

それなら、何も不妊治療をすぐに行う必要はない。ということになりそうですよね。

 

確かに、必ずしも30代後半での結婚ではすぐに不妊治療を行わなければ子供に恵まれないという訳ではありません。
基本として、排卵の2日前くらいに夫婦生活をもつことで、妊娠する確率というのはかなり高くなります。

 

20代の夫婦の場合、ほぼ5割の確率で妊娠すると言われています。
ただ、これが30代後半になってくると、排卵2日前という最も妊娠しやすい日に夫婦生活を持っても、約3割しか妊娠しない、さらに40代になると約2割にまで落ちます。

 

生理から排卵日までの間に、頻繁に夫婦生活を行うと精液が薄くなり、妊娠する確率が下がるとよく言われていますが、実はこれは都市伝説の一つで、決して精液が薄くなり、妊娠が成立しない。ということはありません。

 

実際に男性不妊を専門的に取り扱っている医師によると、妊娠しやすい時期に夫婦生活を頻繁に持つことは妊娠率を高める。と断言しています。
確かに精液の量自体は少なくなりますが、濃さというものは変わることがなく、むしろ新鮮な精子がどんどん生産されるので、精子の劣化による染色体異常を起こすリスクが減る分、受精したのちの妊娠が継続する確率は高くなるといいます。

 

年齢と妊娠の関係に悩み、卵子の老化に悩むくらいなら、実は少し排卵日について意識を向けて夫婦生活を行う。
このことを念頭に入れて、まずは自然妊娠を目指すことが実はもっとも大切なんです。

これが不妊治療の目安

不妊治療 いつから

 

ただ、どんなに排卵日を意識して夫婦生活を行ったとしても、妊娠に至らない場合には、不妊治療を視野に入れることが必要になってきます。

20代〜30代前半の夫婦であれば、1年〜2年
30代後半の夫婦であれば半年〜1年
40代前半の夫婦であれば3ヶ月〜半年

 

というのがその期限です。

 

 

卵子の老化を防ぐ サプリ卵子の老化を防ぐサプリで期限を延ばしていくこともできますよ。

クリニック選びが大切

また、不妊治療を受ける場合には、不妊治療を受けるクリニック選びというものが非常に重要になってきます。

 

 

不妊治療は、タイミング法、人工授精、体外受精とステップアップ方式で行っていくことが基本です。
このステップアップ方式での治療を勧めながら、同時に妊娠に至らない原因を検査して行くことになります。
不妊治療を行うクリニックによっては、ステップアップをせずに、年齢を聞いたら突然体外受精を勧めるといったクリニックも存在しています。

 

タイミング法というのは医師が内診や経膣超音波による診察、そして血液検査などを行い、排卵のタイミングを見計らい、夫婦生活を持つ日を指導するというものですが、ほぼ自然妊娠と同じ仕組みです。
実は不妊治療を受け、このタイミング法で妊娠をする人は非常に多くなっています。

 

40代で不妊治療を受けるという選択をした夫婦であっても、実はタイミング法で妊娠する人は多いんです。
ただ、40代になれば卵子の老化はかなり顕著で、タイミング法での妊娠が難しいケースも実際にはあります。

 

医師はそれぞれの夫婦の状況を検査し、確認してその夫婦に最適と思われる不妊治療の方法を勧めることになりますが、年齢だけを理由にしてすぐに体外受精を勧めるような不妊治療のクリニックは、「体外受精を行う不妊治療センター」であり、夫婦それぞれの状況を判断する不妊治療ではありません。
このような不妊治療クリニックを選ぶことは避けた方が賢明です。

 

まとめ

不妊治療 いつから

年齢を気にする必要はない。
とは簡単に言うことが出来ませんが、あまりにも年齢を気にしすぎて、最初から不妊治療を受けなければならない。
ということではありません。

 

まずは夫婦がよく話し合い、子どもを持つことについて積極的になることが出来るのか。ここにポイントを置いてみましょう。
そして、積極的に夫婦生活を行ったとしても、妊娠に至らない場合には、不妊治療にステップアップをしていくようにしましょう。

 

卵子の老化という問題はありますが、不妊治療は金銭的にも大きな負担がかかり、さらに精神的にも肉体的にも負担が掛かってきます。
このようなことを良く考えて、不妊治療に進むかどうかという判断を、夫婦が同じ意見を持ち検討して行くことが、ある程度の年齢になってくると必要です。

この記事も参考にしてみてくださいね♪