境界線は変わる?35→40へ

高年齢出産 何歳から

高年齢出産の年齢は、1980年代くらいまでは初めての出産が30歳を超える人。でした。
実は以前、この高年齢出産に該当する妊婦さんが健診を受けると、カルテには○に高という文字が書かれたスタンプが捺印されていました。
いわゆる「マルコー」のスタンプです。
今はこのマルコーのスタンプは差別的ということから廃止され、カルテなどに押されることも、母子手帳に押されることもほぼなくなっています。
仕組みなどは時代に合わせて変わっていくんです。

 

引き上げの検討も必要?

高年齢出産 何歳から

 

現在、高年齢出産に該当するのは、35歳以上に初めて出産をする方になっています。
これは1992年に改訂されたんです。

 

これは海外で35歳が高年齢出産の境界線とする国が多くなってきたことによって、日本でもこの境界線が変わりました。
確かに以前に比べると、30歳を超えた出産は常態化していて、さらに安全性という部分も医療の進歩によってかなり上がってきています。

 

生殖医療の進歩によって、30歳を超えて妊娠・出産を始めて経験をするという人は増え、実際に30.1歳というのが日本では初めて出産をする人の平均年齢になってきています。
実はさらに35歳以上での妊娠・出産は、経産婦さんを合わせれば実は4人に一人の割合になっています。
これが東京都23区ないだけに区切ってみると、半数近くが35歳以上での出産になってきています。

 

さらには、40代での妊娠・出産というケースも増えてきていて、高年齢出産の境界線を35歳から40歳に引き上げた方がいいのでは?
という意見も出てきているんです。

 

ない理由とは?

高年齢出産 何歳から

 

実際に40歳がこの高年齢出産の境界線になることはあるのか。
といえば、おそらく40歳が境界線になってくることはないでしょう。
以前に比べて生殖医療の分野は非常に進歩し、さまざまな研究が行われ、今まで分からなかったことが解明されてきています。
その結果、30代の半ばからは確実に女性の生殖機能は低下していくことが事実として解明されているんです。
20代に比べると、明らかに30代半ばになると変化が生まれてくるんです。

 

・卵子の細胞質が古くなり細胞分裂をうまく行うことが出来なくなる
・細胞分裂がうまくいかないと染色体のコピーが失敗する
・染色体のコピーが失敗することで流産や染色体異常、そして不妊といった問題が出てくる

 

なぜ、高年齢出産で流産のリスク、染色体異常のリスクが高くなるのかというと、この細胞質が古くなること=卵子の老化に原因があるんです。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ年齢=卵子の老化とは限りません。サプリで遅らせることも・・・・

最後のチャンスはここにある

高年齢出産 何歳から

 

卵子の老化はある一定の年齢で必ず起こるという訳ではありません。

 

女性には毎月月経が起こるという生理的な仕組が身体に備わっています。
月経、一般的には生理といれていますが、この生理についても、その人それぞれで違いがありますよね?

 

生理が始める初潮が起こる年齢が人それぞれで異なるのと同じように、生理が終わる閉経の年齢も人それぞれです。
閉経の平均的な年齢は、45歳〜55歳の間くらいで、その期間で8割の人が閉経を迎えるといわれています。

 

なら、45歳〜55歳の閉経までは生理がくるのだから妊娠できるのでは?
と思いますよね。
ところが、妊娠できる期間というのは、この閉経のだいたい10年くらい前までなんです。
つまり、35歳〜45歳くらいまでというのが、約8割の女性の妊娠できる最後のチャンスになるということなんです。

 

40歳が高年齢出産の境界線になるということは、この閉経の平均的な年齢、そして妊娠できるのは閉経の10年くらい前までということを考えると、難しいということができますよね?

 

45歳以上でも妊娠できるのはなぜ?

高年齢出産 何歳から

 

もちろん、これはあくまでも平均で、45歳を過ぎても妊娠をして出産をすることが出来る女性は沢山います。
閉経前10年になったからといって、突然妊娠できなくなるという訳ではありません。
突然子どもの頃に初潮がきて慌てたというのとは違い、閉経は徐々に進んでいきます。

 

35歳を超えてくると、徐々に卵巣にある卵胞細胞は老化をしていき、妊娠できる力を持つ卵胞細胞と妊娠できる力がない卵胞細胞のバランスが変わってきます。
最初は妊娠できる力がない卵胞細胞が多かった卵巣の中で、徐々に妊娠できる力を持つ卵胞細胞の方が減っていきます。
10個ある中にたった1個だけでも妊娠できる力を持つ卵胞細胞があり、その卵胞細胞から卵子が排出され、精子と出会い、受精することが出来れば、妊娠が成立し、継続して出産することが出来ます。

 

高年齢で妊娠・出産が出来た人の多くは、このようなとても少ない確率の中で、運よく妊娠できる力を持つ卵胞細胞から卵子が排出された例です。

 

まとめ

高年齢出産 何歳から

やや残酷なようですが、やはり女性にとっては子どもを産むことが出来るタイムリミットというものは存在します。
30歳から35歳に高年齢出産の境界線が変わっても、40歳にこれが変わるということはないでしょう。
どんなに生殖医療が高度になっていっても、卵子の老化を止めることはどうしてもできません。
それは妊娠のメカニズムを体外受精などの高度生殖医療の現場に移したとしても、変わりがない事実なんです。

この記事も参考にしてみてくださいね♪