高齢出産のママは若々しい!その理由は?

高齢出産 メリット

 

高齢出産は大変とよく聞きますよね。
確かに妊娠中には流産のリスクや染色体異常の子どもが生まれるかもしれないという心配、産んでからも体力的に育児が厳しいのでは?
といった問題などもやはり抱えています。
ですが、実は高齢出産をしたお母さんたちには同年齢で若いころに子どもを産んでいるお母さんたちよりも若々しいという人がとても多いんです。
その理由を紹介しましょう。

授乳期は仮更年期

高齢出産 メリット

 

妊娠中は、子宮内の胎盤からある物質が大量に分泌されています。
その物質というのはエストロゲンというもので、これは女性ホルモンの一つです。
エストロゲンは「女性らしさをつくるホルモン」としても知られていますよね。

 

出産をすると今度はこのエストロゲンの分泌が減り、プロラクチンというホルモンが分泌され始めます。
このプロラクチンは母乳をつくるホルモンです。

 

プロラクチンが分泌されている間、実はエストロゲンの分泌が減るため、一時的に更年期障害と同じような状態を経験することになります。
髪を増やすとも言われているエストロゲンの分泌が減ると、髪が抜けやすくなり、精神的にもイライラするようなことも起こります。
ちょうど生理前に起こるようなことが、授乳中に起こりやすくなります。

 

ですが、授乳が終わるとこのプロラクチンの分泌が止まり、再び普段の月経サイクルが戻ってきます。
若い世代で妊娠した女性の場合にはあまり当てはまらないのですが、高齢出産になる年代の方がこの状態を経験することで、更年期の予習をすることが出来るんです。

更年期を上手に乗り越えることができる!

高齢出産 メリット

 

覚えたことというのは長い時間たつとどうしても忘れてしまう事がありますが、高齢出産と呼ばれる年齢の頃に、授乳のためにエストロゲンの分泌が非常に少なくなる経験をすることで、仮更年期を経験することが出来ます。
大分県にある看護科学大学助産学研究室教授である梅野さんが研究したところによると、この時期に仮更年期を経験すると、本当の更年期に入った時にイライラするといった更年期独特の症状が出にくくなることが分かったんです。

 

更年期障害を上手にやり過ごすコツの一つに、気を紛らわせるというのがあります。
私は更年期だからと思いこんでしまうと、やはり更年期の症状はひどくなっていきます。
ですが、ストレスを溜めずに発散する術を持っていたり、気を紛らわせることが出来る趣味などがある人は、意外に上手に更年期をやり過ごしてしまいます。

 

高齢出産をした人の場合、子どもに手が掛かる時期にまさに更年期が重なってきますので、育児に邁進していることも多いんです。
そのため、更年期を気にしている暇もなくなるので、上手に更年期を乗り越えてしまう事があるんです。

がんのリスクも下がる!

高齢出産 メリット

 

母乳をあげちるお母さんは、実は病気になるリスクも減ってきます。
・乳がん
・卵巣がん
・子宮体がん
といったエストロゲン依存性のガンのリスクを下げることができるんです。

 

また、骨粗しょう症のリスクも減るんです。

 

妊娠中から母乳を上げている授乳期は一時的に骨密度が減少することがありますが、産後3ヶ月くらいから徐々に骨密度は回復して行き、卒乳後は骨密度が回復する仕組みがあります。
乳がんは特に30代後半に増え始め、40代後半がピークになる疾患といわれていますので、高齢出産の時期に授乳を行っていることで、乳がんのリスクを下げることが出来るというのは嬉しいですよね。
骨粗しょう症も閉経を迎えるころから急激に増える症状です。

 

特に極端なダイエットなどを行う、偏食、生活習慣の乱れなどがその原因になりやすくなりますが、30代後半〜40代に掛けて育児を行う女性は、この期間子どものために栄養バランスがよい食事を作り、それを一緒に食べ、生活リズムなども子供に合わせて整った生活を送ることが多くなります。

 

自然とお母さんたちも健康的な生活を送ることになるため、骨粗しょう症になるリスクも減ってきます。

 

卵子の老化を防ぐ サプリさらに若さを保つために、実は卵子の老化を防ぐサプリは効果的に働きます。

生活習慣も「○」

高齢出産 メリット

 

子どもの学校があるために朝早く起き、夜は早めに就寝するといった生活リズムは、新陳代謝を高めるためにもとても重要なものです。
新陳代謝が高まることで、お肌もキレイになりますし髪にもハリやコシが出ますので、外見としても若々しさを保つことが出来るんです。

 

健康の面からも早寝早起きの習慣はとても好ましいものですし、子どもが小さいうちは散歩に行ったり、公園で子どもと一緒に遊んだりすることで、実は運動習慣も身につくことが多くなります。
体力的に厳しいと感じることも、子どもの成長と共に少しずつ強度が上がっていくために、思っているよりも身体を動かすことが出来る高齢ママも多いんです。

まとめ

高齢出産 メリット

 

自分が子どもだった頃を思い出し、30代後半〜40代に子どもと共に子ども時代を追体験することが出来ると、それだけでも心が若返ります。

 

今は子どもの遊びも多様化し、自分たちが子どもの頃とは違うことも多くありますが、そこに何かを「発見」することもでき、新しいことを知る機会を得ることもできます。
実はこの新しいことを知るというのも、非常によいアンチエイジングになるんですよ。

 

高齢出産のママたちが若い時に子どもを産んだ同年代の女性にくらべて若々しく見えるのは、このような理由があるんですよ。

この記事も参考にしてみてくださいね♪