【高齢出産】不安を解消していこう!

高齢出産 不安

高齢妊娠・出産にはさまざまなリスクがあり、実際に妊娠した時にも自分自身に不安を感じるという人は多くいます。

 

・先天異常になるリスク
・流産をするリスク
・自然分娩が出来ないのではないか
・子どもを追いかけられるのかという体力的な問題
・若いお母さんたちと付き合っていけるのだろうかというママ友の問題

 

このような不安・悩みをみなさんはどうしているのでしょうか?

 

リスクの不安を解消する

高齢出産 不安

高齢妊娠をすると、たびたび産婦人科の医師からは「ハイリスク」という言葉を聞くことになります。
高齢妊娠はもともとハイリスク妊娠になり、助産院での出産は難しく、さらに個人経営のクリニックなど、十分な医療設備がない病院での受診を断れてしまうということも多くなります。
妊娠をしたという喜びが、一瞬にして不安に変わってしまう言葉が、このハイリスクという言葉ですよね。
ではこのハイリスクというのはいったいどのようなことがリスクとしてあるのでしょうか?

 

一つは先天異常を持った子どもが生まれてくるというリスクです。

 

先天異常を持って生まれてきた、という子どもたちのうち、実は母親や父親が高齢ということが理由なのは、実は4分の1ほどだと言われています。
先天異常を持って生まれてきたという子どもの約半分は原因不明です。

 

高齢妊娠だから先天異常のリスクが高いとは一概にいう必要はありません。
余りにもこの先天異常のリスクがあるということだけが声高に言われることで、かえって高齢妊娠の女性の不安をあおってしまう結果になっています。
確かに先天異常の子どもが生まれてくることはあります。
ただ、これは防ぎようはないことなので、あまりにリスクが高いということを心配し過ぎる必要はありません。

 

流産のリスクが高い。
といことも不安要素としてありますよね。

 

もともと高齢妊娠の場合、染色体異常によって起こる流産は多くなっています。
このケースの流産の多くは、妊娠に気が付く前に起こっていることも多いので、妊娠が分かってから流産のリスクが高いということをあまり心配し過ぎることは不要です。
着床し、実際に胎嚢が確認されて、胎盤が完成して妊娠初期を超えるまでは、どの年齢の妊婦さんも胎児の染色体異常や成長異常による流産のリスクは他の時期に比べて多いものなんです。
心配し過ぎることはありません。
出来ることは、身体を冷やさないこと。そしてストレスをできるだけ溜めないことです。
常に流産の不安を抱えているというのは、大きなストレスです。
できるだけストレスを避け、リラックスして妊婦生活を過ごすことが必要です。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ卵子の老化を心配するストレスを少しでも解消できるサプリを試してみませんか?

帝王切開も立派なお産です

高齢出産 不安

高齢出産では、母子共の安全を考慮して帝王切開での出産を勧められることが多くなります。
高齢出産で帝王切開を勧められる理由に自然分娩を行うだけの体力がない可能性、そして産道の方さにより、胎児が産道を通過することが困難な可能性がある。
というものがあります。

 

つまり、自然分娩によるリスクがあるために、病院側としては安全性が高い帝王切開を勧めるんです。

 

もし、自然分娩か、帝王切開かを選べる状態なら、自然分娩を選ぶという選択が出来ます。
万が一お産の途中で危険性があるという時には、すぐに帝王切開に変えることが出来ます。

 

産後の回復は明らかに帝王切開より自然分娩の方が早いので、選択肢があるのであれば、自然分娩を選ぶことがおすすめです。

 

出産方法に違いはあっても、自然分娩も帝王切開も実際にお母さんのおなかを痛めて産む子供であるということは変わりがありません。
自信を持って出産をするということは、どちらの方法でもできるんですよ。

 

育児にまつわる不安を解決!

高齢出産 不安

産後、育児をしていく中で感じる不安に、子どもを追いかけることが出来るのか、ママ友が出来るのかといったものがあります。

 

実際に育児をしていくと、想像している以上に同年代の母親は多くいます。
今は4人に1人は高齢出産で生まれ、東京都区内では3人に1人が高齢出産で生まれています。
子どもが幼稚園や保育園などに通う年齢になり、実際に園に行ってみると、同じクラスの子どもの母親が、自分と同年齢だった。というケースはとても沢山あるんです。
お互いに高齢出産をした仲間ということで、より親近感を持ったママ友になることが出来ることは多いんです。
また、若いママたちにとっては、人生経験があるママ友ということで頼られる存在になることも多いんですよ。

 

子どもを追いかけまわすことは子どもが成長するにつれ、やはり大変です。
特に3〜6歳という幼稚園に通う頃の子どもは、いくら「走らないで歩いて」といってみても、自分の興味があるものがあれば、あっという間に走っていってしまいます。
ですが、命に危険がない。周りに多大な迷惑をかけない。ということであれば、諦めてしまうのも一つの手段です。

 

子どもにはお母さん追いかけられない。
もうちょっとお母さんのことを考えて!

 

とあっけらかんと笑いながら言うしかないですよね。

 

まとめ

高齢出産 不安

子どもの方がこのような時には敏感に何かを感じ取ってくれます。
子どもは親を見て育つので、親がこれ以上はもう無理という見極めをどこかでしています。

 

出来ることは、子どもが元気で過ごしてくれることをサポートし、できるだけ自分自身も健康であろう、元気に子どもと暮らそうと思う気持ちです。
高齢出産だからといろいろ不安になることもありますが、妊娠・出産という奇跡的ともいえる体験をすることができたことをまずは喜び、そして育児を楽しむ心の余裕を持てるようにしていきましょう。

この記事も参考にしてみてくださいね♪