私に子どもは産めるのか?悩む女性が増加中

高齢出産 リスク 卵子

子ども頃から忙しい日々を送っている女性は多いですよね。
勉強に勤しみ、社会人となり、仕事にも張り合いがある。
友達との付き合いがあり、恋愛をして、そして結婚をしてから子どもを産む。

 

このような流れが今の日本では当たり前の事と思われています。

 

でもこの流れを守ろうとすることで、もしかして私はこの先、子どもを産むことが出来ないのかもしれない。
そんな漠然とした不安を抱えている人が増えています。

 

 

35歳がキーワード

女性が自然妊娠しにくくなる時期は、実は20代後半からと言われています。
さらに体外受精でも妊娠しにくくなるのは30代前半位は妊娠率が下がってきます。
さらに35歳を過ぎてくると妊娠をして出産をする時にリスクが上がります。

高齢出産 リスク 卵子

そのため、35歳過ぎての妊娠・出産は高齢出産と呼ばれています。

 

ただ、今の日本での初産の平均年齢は30.1才で、ちょうど自然妊娠での妊娠率は下がり始めたころになっています。
高齢出産で生まれるこの割合は4人に一人で、東京都に限ってみると、実は3人に1人は高齢出産で生まれてきている子どもになっています。

 

ちょうど私に子どもが産めるのだろうか?とふと考えたころに妊娠・出産に至っている女性が多くなってきています。

 

ただ、子どもが産めるかと考え、子どもがいる人生を望んでいるひとが順調に妊娠・出産をすることが出来るわけではありません。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ産みたい!をサポートすることが出来る卵子の老化を防ぐサプリを選んでみませんか?

 

 

現実の話

高齢出産 リスク 卵子

実際に妊娠・出産に至った夫婦のうち、6組に1組は実は不妊治療の末にわが子を授かったと言われていて、さらに生まれた赤ちゃんのうち36人に1人は体外受精という高度な生殖医療の介在によって生まれてきています。

 

ある程度の年齢になってくると、妊娠をしたいと思っても妊娠をすることすら難しくなり、さらに妊娠後には赤ちゃんが染色体異常を起こす確率が上がり、流産をするという確率も上がってきます。

 

妊娠した妊婦さんにとっても、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、さらに出産時には帝王切開を選択する必要が出てくるなど、想像以上の心配事がつきまとうことになるんです。
35歳以上での初産はかなり以前から「高年初産婦」として日本産婦人科学会では注意喚起をするほど、本来であれば危険性が高いんです。

 

昔に比べると生殖医療の分野はかなり進歩していて、以前50才国会議員が妊娠・出産をしたということでかなり話題になりました。
ただ、この国会議員のケースでは、実際に自分自身の卵子では妊娠できず、海外でドナーから提供を受けた卵子で妊娠をしました。

 

さらに、この子どもを出産する時、子どもには重篤な疾患があり、子宮を全摘出しての出産になった。ということも起こっています。
高年齢での妊娠・出産にはそれだけのリスクがあるということが、このケースが表しているということができますよね。

知らないでは済まされない

 

高齢出産 リスク 卵子

妊娠をするということは、やはりある程度年齢を超えてくると難しくなります。
そしてお腹の中で赤ちゃんを育てていくということについても、年齢が高くなればそれだけリスクが生まれ、さらに赤ちゃんにもリスクを与える危険性があるということも言われています。
出産についてもリスクが存在してきます。

 

このようなリスクは漠然としたものとして知っている人は昔からいましたが、実際にどのくらいのリスクなのかということが、最近ではメディアなどの報道によってもかなり多くの人が知ることが出来るようになってきています。

 

50才で妊娠にチャレンジしたという国会議員の方は、政治活動など忙しい生活を送り、妊娠ということを先延ばしにしてきた理由について、「卵子が老化するということは知らなかった」と話していたそうです。

 

身体の中の細胞は、母親からの卵子と父親からの精子が出会い、受精卵としてその生命を誕生させてから先は、成長し、そして総じて老いに向かって時を進めていきます。
女性の卵子の元になる原始卵胞は胎児の頃にすでに作られ、そこから他の細胞と同じように時を過ごしていきます。

 

幼児期、学童期、青年期と成長をしていった身体も、ある程度の年齢を超えてくると今度は老化をしていきます。
他の細胞が老化して行っても、卵子の元になる卵胞細胞は老化しない。ということはないんです。

 

実は他の細胞は生まれ変わりを行いながら約4ヶ月で全てが入れ替わると言われていますが、卵胞細胞については胎児の頃に作られたまま卵巣のなかで保存されています。
他の細胞に比べても、卵胞細胞は女性の身体の中で同じように時を重ねていっているんです。

 

まとめ

高齢出産 リスク 卵子

卵子もやはり老化をしていく。
それがここ数年でメディアにとりだたされて多くの女性がその事実を知ることが出来るようになりました。

 

ただ、そのために自分自身が子どもを産むことが出来るのか。
ということに直面している女性が増えてきているんです。

 

今は美魔女といわれるように外見は若い状態をキープし、美しさを保っている女性も多くいます。
ですが、外見を若い状態でキープできたとしても、卵子も若い状態をキープできているわけではないんですよ。

この記事も参考にしてみてくださいね♪