高齢出産をしました!

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

こんにちは。
現在育児真っ最中のhinaです。
4年前に出産をしたhina ですが、実は今年42歳で、出産当時は38歳、妊娠は37歳で、まさに高齢出産でした。

 

 

衝撃の「卵子の老化」という事実

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

もともと晩婚で35歳で結婚して、夫とは子どもが欲しいねという話はしていましたが、意外に子どもが出来ず悩んでいたところ、NHKのクローズアップ現代やNHKスペシャルなどで卵子の老化という言葉を聞いて、すごく驚きました。
私たち夫婦はまさにドンピシャの情報で、ここから私たちは普通に子作りをしていても、妊娠・出産はできないのかもと思ったんです。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ染色体異常や流産のリスクが高まる理由とは?

 

防げるのなら、卵子の老化を防ぎたい。
できるなら時間を巻き戻して、もっと早くから子作りをするべきだった。
のんきにしていた自分って・・・
いろいろ考え込む日々が始まりましたが、時間は戻りませんし、だからといって卵子の老化を止めることはできないので、こうなったら卵子の老化に対抗して行こう!
と思い立ったんです。

 

卵子の老化ということについて、真剣に調べ始めました。
すると、意外に流れている情報には偏りがあって、極端に「卵子の老化」という言葉だけが独り歩きしている事に気が付きました。

 

そこで、卵子の老化について、いろいろな面から調べてみたんです。

 

そして私が妊娠出来た場合に必要になる高齢出産というものについても、かなり真剣に調べてみたんです。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ【高齢出産】不安を解消していこう!
卵子の老化を防ぐ サプリ子どもが欲しい!でも私に産める?

卵子の老化のスピードをゆっくりにするには?

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

卵子がなぜ老化するのか。
テレビでも話題になりましたが、もっとも大きな原因は「年齢」なんです。
女性の卵子って、実はすでにお母さんのおなかの中にいる時から卵胞という形で持っているんです。
つまり、実際の年齢+1歳というのが、卵胞の年齢になるんですね。
人が普通に生活をしていると自然と加齢によって老いていくように、卵胞も自然と老いていくんです。

 

卵子の老化を防ぐ サプリ35歳から考える高齢出産と卵子の老化の話

 

さらに、人間の寿命はだいたい80歳前後ですが、卵子の場合には、閉経までにほぼ全ての卵胞が無くなるということを考えれば、50歳前後がその寿命です。
30歳以上身体と卵胞の寿命は違うので、想像している以上のスピードで卵子の老化は進んでいくということになりますよね。

 

老いというのは、何もしなければ年齢に応じたスピードで起こり、そして老いを早める原因があればさらにそのスピードは増していきますよね。
ですが、老いは適切なアンチエイジングをしていけば、驚くほどゆっくりとしたスピードにしていくことが出来ます。
卵子の老化についても、同じなんです。

 

卵子の老化は3つのポイントで防げる!

卵子の老化を少しでも遅くしていく、防ぐためには3つのポイントをチェックすることが大切になってきます。
まずその3つのポイントをチェックしましょう!

 

  1. 血行を良くして卵巣の環境を整える
  2. 活性酸素を退治して卵子を老化から守る
  3. 自律神経とホルモンバランスを整えて卵子の質を上げる

 

この3つのポイントが卵子の老化を防ぐことになります。

 

血行を良くして卵巣の環境を整える

 

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

卵子が育つ場所である卵巣には、沢山の酸素、そして栄養がしっかりと届けられることで卵巣の中にある卵胞を育てていくことができます。
ですが、年齢と共に卵巣にしっかりと酸素や栄養素が運ばれなくなることが多くなり、卵巣機能が低下して行くということが起こります。
では、どうして酸素や栄養素が運ばれなくなるのかというと、血行が悪くなってしまう事が多いからなんです。

 

身体を巡る血液は、肺で二酸化炭素を排出し酸素を受け取り、腸で老廃物を排出して栄養を受け取ります。
酸素や栄養は血液にのって体中を巡り、新陳代謝を行うために必要な酸素と栄養素を運んでいきますが、血行が悪くなるとこの機能が損なわれてしまいます。

 

血行が悪くなる理由はいくつかありますが、その中には冷えというものがあります。
冷えることによって血管が収縮してしまい血行が悪くなりますが、同時に血行が悪くなることでさらに酸素や栄養を受け取ることが出来なくなるためにエネルギーを産みだすことが出来ずに冷えるという悪循環が起こってきます。

 

卵巣の血行が悪くなり、酸素や栄養がしっかりと送られなくなると、卵巣内で育つ卵胞はしっかりと育つことが出来ず、成熟していないまま卵子として排出されてしまう事になります。
この未成熟な卵子の状態は、質が良い卵子ということができません。

 

年齢が高くても、血行が良くしっかりと酸素や栄養素が卵巣に送ることが出来れば、卵胞はたっぷりの酸素と栄養によって質の良い卵子へと成熟していくことが出来ます。
質の良い卵子が沢山育つことで、卵子の老化という問題もクリアしていくことができます。
卵巣機能を高めるために、血行を改善させて卵子の質を上げていくことが、卵子の老化を防ぐことに繋がります。

 

 

活性酸素を退治して卵子を老化から守る

 

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

卵子は一つの細胞ですが、この一つの細胞はさまざまなものから構成されています。
一つの細胞には核と呼ばれる中心的な物質があり、DNAがこの中に含まれています。この核の外側にあるのが細胞質です。
細胞質の中にはさらに様々な物質がありますが、その中にミトコンドリアという物質があります。
ミトコンドリアは細胞質の約40%を占める物質で、卵子の場合には通常の細胞よりも大量のミトコンドリアが含まれています。

 

このミトコンドリアは栄養と酸素からATPという物質を作り、このATPがエネルギーに変化して行きますが、ミトコンドリアが栄養と酸素を反応させるときに、産みだされてしまうのが活性酸素という物質になります。

 

活性酸素の発生量が適正であれば、身体の中に入りこんでしまった細菌やウィルスなどをやっつけてくれるという良い機能を果たしてくれますし、エネルギーが過剰に生産せないように調整してくれるといった働きをしますが、過剰に活性酸素が発生してしまうと、細胞を傷つけてしまう存在になってしまうんです。
つまり、卵胞細胞を傷つけ、傷ついた卵子を作り出してしまうことになります。

 

細胞が傷つけばミトコンドリアの数も減り、エネルギーを産みだす機能が低下します。
通常の細胞に比べて大量のミトコンドリアが卵子にあるのは、それだけエネルギーを必要とする細胞だからなのですが、卵子が傷つき、ミトコンドリアの数が減ることで、必要なエネルギーをつくることができずに卵子の質も低下して行ってしまいます。

 

活性酸素はミトコンドリアが栄養と酸素を反応させたときにできるだけではなく、ストレスを感じたり紫外線などを浴びることなどでも発生します。
本来であれば身体自体は活性酸素を除去するという働きも持っていますが、活性酸素の発生が活発になってしまえば、どうしても除去する働きが追い付かずに細胞が傷つけられることが増えてしまうんです。

 

身体が持っている活性酸素を除去する機能を補完することが出来る機能を持つ抗酸化物質を取り入れることで、活性酸素は除去していくことが出来ます。
細胞が傷つくことを抗酸化物質を取り入れることで予防することで、卵胞が成長し質の良い卵子に成長する為のエネルギーをしっかりと作り出すことが出来ます。

 

活性酸素を除去することで卵子の老化を防ぐことが出来るというのは、実は卵子の細胞に含まれている細胞質の中のミトコンドリアの機能を改善させ、質の良い卵子を育てることが出来るということになるんです。

 

自律神経とホルモンバランスを整えて卵子の質を上げる

 

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

人の身体は自分が意識して動かすことが出来る器官と、意識では動かすことが出来ない器官があります。
意識では動かすことが出来ない器官をコントロールするのが自律神経です。

 

心臓を動かし、血管を収縮させ、酸素や栄養を体中に巡らせるという働きは、自律神経のバランスが整っているからこそ正常に行うことが出来るんです。
つまり、自律神経のバランスが崩れると、自分の意思ではコントロールできない身体の器官の働きが低下してしまいます。

 

この自律神経のバランスが乱れるとホルモンバランスも崩れてしまいます。

 

女性の生理周期というのは、ホルモンバランスによって正常になるか、異常をきたすかが変わってきます。
ホルモンバランスが整っていると、卵巣では卵胞が育ち、成熟した卵子が排卵されます。
自律神経が整い、血行が良くなれば卵巣にも沢山の血液が巡り、栄養や酸素が運ばれてきますが自律神経のバランスが崩れれば、血行が悪くなり、卵巣に届く栄養や酸素が減ってしまい、質の良い卵胞を育てることが出来なくなります。

 

さらに、ホルモンバランスが崩れることで生理周期が乱れ、卵胞の発育や排卵といった機能が低下して行ってしまいます。

 

自律神経のバランスの乱れや、ホルモンバランスの乱れというのは、ストレスなどによって起こってきます。
自律神経が乱れるとホルモンバランスが乱れ、ホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れます。

 

心身に与えられるストレスを解消し、自律神経やホルモンバランスを整えることは、卵胞を成熟させ、質の良い卵子を作るためにはとても重要なんです。

 

3つのポイントをしっかりと抑えるにはどうしたらいいの?

 

今あげた3つのポイントを抑えるためには、

 

  1. 冷えを招くような生活習慣を見直す
  2. 運動を生活に取り入れていく
  3. 抗酸化作用を持つ食べ物をできるだけ多く摂取する

 

という3つのことを行っていくことが大切です。

 

さらに、卵胞を成熟させて卵子の質を向上させていくことが出来る栄養素を積極的に摂っていくことも、合わせて行いたいところです。
せっかく血行を促進させ、活性酸素を除去し、自律神経やホルモンバランスを整えても、エネルギーの基となる栄養素が不足してしまってはやはりミトコンドリアがエネルギーを産みだすことが出来ず、卵子は沢山のエネルギーを作り出すことが出来ないため、卵子の質は低下し卵子の老化が起こるからなんです。

 

卵胞にとって必要な栄養素をしっかりと取り入れるには、普段の食事だけでは不十分ということができます。

 

不足しがちな栄養素を、サプリメントから取り入れるということは、卵子の老化を防ぐためにはお勧めです。

 

カナダのトロント大学の医学部産婦人科のロバート・キャスパー教授のグループが行った試験では、抗酸化作用があるコエンザイムQ10を与えたマウスは、与えなかったマウスに比べると卵巣から卵子を採卵する数が増え、さらに細胞のミトコンドリアの数が増えて細胞が産みだすエネルギー産生効率が向上したと報告されています。

 

つまり、抗酸化作用を持つコエンザイムQ10を与えることで、ミトコンドリアの機能が向上したということになるんです。

 

このコエンザイムQ10を始め、抗酸化作用を持つ成分を取り入れることは、卵子の老化に悩む高齢女性の妊娠が可能になる確率を高める可能性が高いという見解もあります。

 

さらに、ミトコンドリアで働く栄養素をプラスすれば、卵子の老化を防いでいくことが出来ると期待することが出来るんです。

サプリで卵子の老化を防ごう!

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

どんなに生活習慣を見直しても、運動や冷えを改善させてもなかなか妊娠しない場合、卵法細胞のミトコンドリアが不足していたり、十分な栄養が足りていなかったりする可能性もあります。
食事から得られる栄養だけでは不十分というものもある可能性が高くなります。

不足しているのであれば、それをしっかりと補ってあげる。
これはとっても大切なことです。

 

卵子の老化は卵子の質を上げていくことで防いでいくことが出来ます。
では卵子の質を上げていくために必要な栄養素・成分というのはどのようなものになるのでしょうか?

 

  1. 血行を改善させる効果をもつ栄養素・成分
  2. 抗酸化作用を持つ栄養素・成分
  3. ホルモンバランスを整える作用をもつ栄養素・成分

 

この3つが必要になってくるんです。

 

では、この3つの必要な栄養素・成分を紹介していきましょう。

 

ビタミンE

抗酸化作用が強く、血液をサラサラにする効果があるビタミンEは、実はホルモンバランスを整える作用もあるんです。
卵子の質を上げるための3つの要素がすべて含まれている栄養素なんです。

 

 

葉酸

ビタミンB群の栄養素の一つで、赤血球をつくる時には必要ない栄養素の一つです。
葉酸不足は血行障害を起こします。
赤血球は酸素を運ぶ唯一の器官なので、葉酸不足は卵胞細胞のミトコンドリアの活動を低下させてしまう事になります。
さらに細胞分裂に必要な栄養素で、妊娠中の女性はとくに積極的に摂りたい栄養素です。

 

 

ザクロ

抗酸化作用を持つポリフェノールを多く含むため、過剰な活性酸素を除去してくれます。
ホルモンバランスを整える働きもあり、女性のための果実とも言われています。

 

 

生姜

生姜に含まれる成分は、身体を温める作用があります。
冷えを防止し、温めることで血行を改善させることが出来ます。

 

 

たんぽぽ

たんぽぽはホルモンバランスを整える作用を持っています。

 

 

 

マカ

ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれているマカは、ホルモンバランスを整える作用も持っています。

 

 

 

ローヤルゼリー

栄養バランスが良く女王蜂の健康を支えるローヤルゼリーは、冷えを改善する効果があります。
血行も改善させる効果を持っています。

 

 

選ぶなら3つの効果を取り入れられるサプリがお勧め!

 

卵子の老化を防ぐ サプリ

 

妊活サプリと呼ばれるサプリはいろいろあります。
それらのサプリにはさまざまな成分が含まれていますが

 

血行を良くしてくれる成分
抗酸化作用を持つ成分
ホルモンバランスを整える成分

 

この3つの効果を持つ成分が入っているものと入っていないものがあるんです。

 

本当に卵子の質を上げていき、妊娠を目指すのであれば、やはりこの3つの効果をもつ成分が入っているのかということはとっても大切です。

 

この3つの成分の有無を踏まえ、本当におすすめできる卵子の質を上げて妊娠につなげていけるサプリを3つ、ご紹介して行きたいと思います。

 

卵子の質を上げられるサプリ Best3

 

「妊活マカ ハグクミの恵み」

卵子の老化を防ぐ サプリ

血行を良くしてくれる成分:○
抗酸化作用を持つ成分:○
ホルモンバランスを整える成分:○

 

卵子の質を上げる3つのポイントになる成分がすべて含まれています。

 

疲労回復効果が高いので、夫婦で妊活サプリを飲みたいという人には最適なのがこのハグクミの恵みです。
冷えや月経障害などがある方も、ハグクミの惠はおすすめのサプリになっています。

 

特に抗酸化作用とホルモンバランスを整えるという点に注目しているサプリです。
マカに含まれているアミノ酸を効率よくサポートするために植物発酵エキスが含まれている点も注目したい部分です。

 

 

基本情報

価格 初回2980円 2回目以降5984円(定期購入)
口コミ評価 卵子の老化を防ぐ サプリ
主な卵子の質を上げる成分 マカ・ザクロ・生姜・ビタミンE・植物発酵エキス
その他 10日間の返金保証あり

定期購入時の休止・解約はいつでもOK

 

ハグクミの恵みの詳細はコチラ

「葉酸サプリ ベジママ」

卵子の老化を防ぐ サプリ

血行を良くしてくれる成分:○
抗酸化作用を持つ成分:○
ホルモンバランスを整える成分:○

 

卵子の質を上げる3つのポイントになる成分がすべて含まれています。

 

35歳以上で妊娠を目指したい人や、多嚢胞性卵巣症候群の人、妊娠糖尿病のリスクがあるという人にとってはおすすめしたいサプリメントになっています。

 

 

抗酸化物質としてビタミンE、ビタミンC、ルイボスなどが含まれています。

 

また特徴的な成分として、ピニトールという成分が含まれている点があります。
このピニトールという成分には多嚢胞性卵巣症候群を改善する効果があるとして注目されています。
さらに血糖値を下げる効果もあり、ハイリスク妊娠になる可能性を下げてくれるんです。

 

 

基本情報

価格 初回2750円 2回目以降4680円(定期購入)
口コミ評価 卵子の老化を防ぐ サプリ
主な卵子の質を上げる成分 葉酸、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB12、ルイボス、ピニトール
その他 返金保証あり

定期購入時の休止・解約はいつでもOK

 

ベジママの詳細はこちら

「ベルタ葉酸サプリ」

卵子の老化を防ぐ サプリ

血行を良くしてくれる成分:△
抗酸化作用を持つ成分:×
ホルモンバランスを整える成分:×

 

卵子の質を上げる3つのポイントになる成分としては葉酸が含まれていますので、血行を改善する効果は期待できますが、抗酸化作用やホルモンバランスを整える効果がある成分は含まれていません。

 

一方で美容成分が沢山含まれているため、妊娠しても綺麗でいたいという女性には人気が高いサプリメントになっています。

 

鉄分やカルシウムといった妊娠すると不足しがちになる成分が含まれているサプリメントになってきています。
卵子の質を上げるという点ではやや効果が薄いと感じますが、妊娠を希望する女性や妊娠中の女性にとって必要な成分が含まれているサプリメントです。

 

 

基本情報

価格 初回3980円 2回目以降3980円(定期購入)
口コミ評価 卵子の老化を防ぐ サプリ
主な卵子の質を上げる成分 葉酸
その他 返金保証なし

定期購入時は6ヶ月は継続しなければならない

 

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

いかがでしたか?
妊活サプリはいろいろありますが、卵子の質を上げていくということを考えた時には、やはり成分をしっかりとチェックすることはとても大切になってきます。

 

  • 血行を改善させる
  • 抗酸化作用を持つ
  • ホルモンバランスを整える

 

 

この3つのポイントを抑えた効果があるサプリこそが、卵子の質を上げ、妊娠をしやすい状態をつくることが出来るサプリメントということができるんですよ。

更新履歴